こんにちは、Miekoです。

3月になりましたね。

朝晩気温差のあるものの、
公園や道端でクロッカスや水仙をみかけるようになり
春が近づいていて嬉しいです(^^♪

本日の、心身の美容に良いお話
「頭皮の健康について」
 
お話させていただきますね。
皆さん、いままで頭皮の健康状態を意識されたことはありますか^^
頭皮は弾力がありますか。もしくは固く感じるでしょうか。

 

時々お客さまに、健康な頭皮の状態=土の肥えた豊かなお花畑やお庭
に例えてお話させてもらうことがあります。

 

どんなにお水(頭皮に合ったシャンプー)を与えても
土台となる土(頭皮)が荒れて硬い状態だと、せっかく与えたお水を
ちゃんと吸収できず、草花(髪の毛)も健康な太いものでなく、
ひょろひょろとした細い草が生えてきたり、引っ張るとすぐ抜けてしまいます。

 

一般的に女性の方の美意識として(人によって異なりますが)
フアッションや美肌ケア
その次にヘアスタイルに気を配られる片が多いようですが
以外に見過ごしがちな頭皮のケアこそ、美髪と豊かな髪には欠かせないんですよね。

 

ではまず、健康な頭皮とはどんな状態かといますと、

 

一つ目は頭皮の「色」で確認できます☝

 

青白いgood!
血行が行き届いていて健康な状態です。
頭皮には沢山の血管があり、血流量が多ければ酸素や
栄養が行き届いているので、質感もなめらかで青白い状態。

       

黄色い
頭皮の毛細血管が収縮し、血行の状態があまり良くないようです。

 

赤い、ピンク色、茶色い
血行不良、血液が滞っていなくて新陳代謝が悪くなっている状態。
毛穴に老廃物が詰まっている場合茶色がかった色になりやすいです
部分的に赤くなっている場合は、炎症を起こしている可能性も。

 

 

次に頭皮の「弾力」のチェックです☝☝

 

・頭皮全体を指の腹で動かしてみる
両手の指の腹を、頭の両脇抱え込むようにし全体に動かす。
健康な頭皮の場合、皮膚が動いているのが指先で感じます。

 

・耳の上を指でつまんでみる
右手と左手の人差し指と親指で、それぞれ右耳と左耳の上をつまんでみる。
健康な頭皮の場合、親指と人差し指の間に皮膚が寄るのが分かります。

 

・頭頂部をつまんでみる
左右どちらか片手の親指と人差し指で、頭頂部をつかんでみる。
ここはつかめない、という人も多い箇所かもしれません。
耳の上と同じように、ちゃんと皮膚がよる感覚があると健康な頭皮です。

 

以上のうち、耳上の硬さと、頭上の硬さに、かなりの差があると感じた場合は特に血行改善を行う事をオススメいたします☆

 

注)逆に柔らかすぎる頭皮は、弾力がなくぷよぷよしていることが多く
  血行がむくんでいる状態です。

 

実は頭皮が固い方(青白い方以外の色を含)というのは、
頭皮の血行不良の状態になっていることが多いんですね。

 

健康な髪の毛は、血液から直接栄養をもらい、細胞分裂を繰り返して育っていきます。
ですので、頭皮が血行不良状態であると大切な栄養が届きにくく
強い髪の毛は育ちにくく、頭皮の老化を進めてしまいます(>_<)
現在薄毛でない方も将来薄毛になってしまう可能性大なので気をつけていきたいものですね。

 

また頭皮が硬いと
抜け毛、肩こり、首コリ、頭痛、顔のたるみ、に繋がるのですが
それは、運動不足、長時間同じ姿勢でいること、食生活の乱れ、
ストレス、眼精疲労、睡眠不足、頭皮の冷え(シャンプー後ドライヤーで乾かさない)過度の喫煙などからの、生活習慣からの原因からもおこります。

 

上記の生活習慣に思い当たる方は

 

ぜひ日常の習慣に以下を取り入れてみてください
(^-^)/

 

1,日頃から指の腹でマッサージするようにシャンプーする
  (頭皮の血流のためシャンプー後はドライヤーで髪を乾かす)
1,スキャルプコースや頭皮マッサージを定期的に行う
3,首を温める ※頭皮へ通じる血流を良くする為
 (湯船に浸かり体全体から血流をよくすることも)
4,適度な運動を心がける 
  (特に有酸素運動は、促進作用があります)
5,質の良い睡眠、リラックスできる空間をつくる
7,バランスの良い食生活を心がける
8,タバコはほどほどに(ニコチンは毛細血管を収縮させてしまうので)

 

を意識されることで、健康な頭皮に近づいていくことでしょう。

 

普段見落としがちな頭皮のケア、是非意識されてみてくださいね(^^♪

 

それでは、今週も皆さまにとって充実の時間を過ごせますように。

心より感謝を込めて
心身のサポーター
Mieko

※過去ブログはこちらになります
ARTIGIANI(アルティジャーニ) Mieko’s blog
オーラソーマプラクティショナー/色とココロのメッセージ